白髪白髪や若白髪は白髪染めが悩みのたね?

白髪対策

白髪になるには、遺伝、ストレス、食生活が原因だといわれています。


食事に関して言えば、抗酸化食品を摂ることである程度予防することが出来るかもしれません。
抗酸化食品の例として、ほうれんそう、トマト、ゴマ、にんじんなどがあります。
また、昆布や玄米などもそうです。
特にごまと玄米が良いそうです。
毎日玄米にごま塩をかけて食べていて、40歳でも白髪が一本もないという人を私は知っています。


ただし、白髪が黒髪に変化することはありません
新しく生えてくる髪が黒髪である可能性があります。
騙されたと思って、一度お試しください。

白髪の始まりは?

みなさんどの辺から白髪になりましたか?
私は前にもいいましたが、側頭部辺りから白髪が生え始めました。
今では全体的に白くなりましたが、それでもまだ頭のてっぺんよりは側頭部の方が多いですね。


また、前髪、正確には前横から生え始める方も多いと思います。
星野前全日本監督や関口宏さんが有名ですね。
頭のてっぺんからという人もいらっしゃるでしょう。
でも頭のてっぺんの白髪は一番自分で気付きやすい場所なので、もしかしたら、側頭部の方が先に白髪が生えていて、自分で気付いたのがてっぺんが先だったということかも知れませんね。

白髪の最近の研究

最近の研究により、白髪を黒く生まれ変わらす可能性が出てきました。
実用化はまだまだ先になると思いますが、白髪がある人には朗報です。


京都大学での研究では、髪を発色させる「色素幹細胞」が、毛根部の「バルジ」と呼ばれる場所に存在することを発見しました。
バルジ部分の機能を解明すれば、白髪も黒髪に戻せるのではとしています。


近い将来、このバルジの機能が解明されて白髪が黒髪に生まれ変わることができれば、私たちの子どもや孫たちにとっては大きな功績だと思います。
白髪を染めたりする必要もなくなり、また、周囲からの目を気にしなくてもよくなるのですから。
研究者には是非もっと頑張ってもらって、できるだけ早く解明されることを願っています。

白髪が多い人はハゲにくい?

私は現在37歳ですが、白髪はあってもハゲてはいません。
このような話は聞いたことはありますが、実際どうなんでしょうか?


髪質が硬い人はハゲにくいといいますよね。
逆に髪質がやわらかい人はハゲやすいと聞いたことがあります。
私を含めて白髪がある人は髪質が硬いのではないでしょうか?
ですから白髪がある人はハゲにくいんだと思いますよ。


でも、ハゲたら白髪か黒髪か分からないですよね。
実際のところ、これがホントのことらしいです。

タグ:白髪 ハゲ 髪質

白髪の生える場所

自分の最初に白髪が生えた場所知っていますか?
私は側頭部でした。
当時中学生だった私は、髪を短くしていたので、抜くにも一苦労でした。


頭のてっぺんにも生えましたが、あまり多くはありませんでした。
その白髪は抜いていました。


同じ白髪が多い友達にも話を聞きましたが、その人も側頭部からだったそうです。


次に多く白髪が生えてきたところは前髪です。
少し前の「関口宏」風です。
かなりまとまって生えていたので、すごく白髪が目立っていました。


今では前髪も側頭部も、いたるところ白髪だらけです。
黒髪6割、白髪4割くらいでしょうか。

白髪とヘアカラー

私はここ最近白髪染めをしていません。
一番の理由は面倒くさいから。
もう一つの理由は、白髪染めを使うと髪に悪影響を与えるのではないかという不安からです。


実際、白髪染めをすると、髪がより硬くなった気がします。
ゴワゴワした感じですね。


私が最後に白髪染めをしたのが10年くらい前です。


最近は白髪染めも、ヘアケアの製品もだいぶ良くなっていると聞きます。
それでも多少のダメージはあると思いますけどね。
白髪が少ししかない方であれば、白髪染めではなく根元を切って白髪を目立たなくする方が良いと思います。

白髪を抜くと白髪が増える?

白髪は抜かない方が良いです。
白髪は「死んだ髪」なのではなく、まだ元気に「生きている髪」なのです。
ただ色素(メラニン)が欠乏しているだけなのです。


白髪を目立たなくしたいのなら、根元あたりで切ることをオススメします。
これなら毛根は生きたまま温存されますからね。


しかし私みたいに白髪の量が多くなってきたときは中々切るということはできないですけどね。


白髪は抜いても抜かなくても、今後年齢を重ねるごとに増えていくものですので、ヘアカラーなどで対応しましょう。


白髪を抜くと髪がなくなりますよ!

タグ:白髪

白髪の原因

白髪の原因はまだ詳しく解明されていないようです。
加齢、遺伝、ストレス、病気など色々あると思われます。


毛の色素を作る細胞(メラノサイト)が、何らかの理由で色素を作らなくなると白髪になります。
このメラノサイトを活性化させれば、もしかしたら黒くなるかもしれません。


そのためにはカルシウムが重要だといわれています。
腎臓が弱るとカルシウムの吸収率が悪くなりますので、腎臓を鍛えると良いでしょう。


どうやって腎臓を鍛えるのか?
それはやっぱり生活習慣の見直しが必要だと思います。


寝不足や冷え性などで血行が悪くなると、血液の循環が悪くなり、それに伴いカルシウムなどが吸収されにくくなって白髪の原因となります。


生活習慣を改善することによって体質を変えていくことが、白髪を予防する第1歩だと思います。

白髪をなくす方法

白髪をなくす方法は残念ながらありません。
でも生活習慣を変えることで、これから生える髪が黒くなる可能性はあります。


白髪になる原因は遺伝、ストレス、食生活などと言われていますが、遺伝は別として、ストレスをためない生活をすることや、規則正しい食生活をすることにより、少しは改善するかも知れません。


しかし完全になくす方法ではありません。
あとは染めるしかないんです。
若白髪で悩んでいる方(特に女性)は染めたほうが良いです。
その方が気持ち的に楽になれます。


ただ染める場合は、自分の髪に近い色を選びましょう。
違う色だとかえって目立ってしまいますよ。


カラーリンスも効果的です。
カラーリンスとは、白髪を目立たなくするという観点で開発された商品です。
私が中学生の頃はイマイチでしたが、最近のカラーリンスはとても良いものが出ています。
保湿しながら少しずつ髪を染めていくので髪に優しいんです。
白髪がすぐに染まらないのが欠点ですけどね。

抜くと増える?

私は中学生の頃から若白髪に悩まされてきました。


あなたも疑問に思ったことはありませんか?
白髪って抜くと増えるのか?」


私も中学生のときは、白髪を見つけるたびに抜いていました。
やっぱり白髪は増えていきましたね。
「抜いた」ことが原因かどうかは分かりませんが、急速に増えていった気がします。


高校生のときは、白髪が多くなってしまいもう抜くのは止めました。
それでもどんどん増えていきましたけど…


私が思うに、白髪は抜くから増えるというよりも、抜くことによって白髪を意識してしまい、今まで黒髪で隠れていた白髪まで発見して、増えたような錯覚を覚えるのだと思います。


ですから、あまり意識過剰に反応しない方が良いのかもしれませんね!


数本の白髪なら抜くのではなく根元ギリギリのところを切ると良いようです。


無理に抜くと、毛根・頭皮を傷め、どんな髪も生えなくなる恐れがあるかもしれません。




タグ:白髪

白髪でお悩みの方へ

白髪でお悩みの方はたくさんおられると思います。
そんな方に少しでもお役に立てれば光栄です。


私の場合は中学生の頃から白髪が生え始め、高校、大学と進むうちにどんどん生えてきました。
最初は側頭部から生え始めました。
だんだんと白髪が増え、白髪が生える場所も増えていくと、周りの目が気になり始めました。


「まだ若いのに…」というような顔をされたり、
「白髪すごいね」と言われてみたり…


中学の多感な時期ですから、ショックは大きかったように覚えています。


そこで、親に相談し白髪を染めることにしたのです。


当時は今ほど様々な色の白髪染めはありませんでした。
普通の黒色の白髪染めをしばらく使いました。
でも色落ちすると白髪のところが光って金髪のようになるんですよね。
それを補うように髪を染める周期も短くなりました。


白髪が生え始めてから一度髪を短くしたことがあります。
スポーツ刈りではなく「坊主」です。
でも坊主は自分には似合わなかったので、それ以来やっていません。


高校生になりちょっとおしゃれ心も芽生え始めました。
友達が茶髪にしているのを見ているうちに自分もやってみたくなりました。

白髪が普通のカラーリング剤でも染まるのか?
分からなかったので、いとこの美容師さんに聞いたことがあります。

彼女が言うには、普通のカラーリング剤と白髪染め剤では、髪の毛に浸透する薬剤の成分が違うので、普通のカラーリング剤では白髪には上手く色が入らないそうです。
ですから白髪染め専用のカラーリング剤を使いましょう。
また、美容室や床屋で染めたほうが断然良いです。
料金は結構しますが、仕上がりは天と地の差です。
何といってもムラがありませんからね。


でも、白髪染めって髪を傷めるんですよね。
最近ではヘナ(henna)配合という白髪染めが流行っているようです。
髪が痛むことはあまりありませんが、独特の匂いが残るようです。
ちなみに私は使用したことがありません。


社会人になってから実は白髪染めを止めました。
染めるのが面倒になったというのが一番の理由ですが、「別に白髪があってもいいじゃん」と開き直る気持ちを持つことが出来るようになったためです。


今では結婚し子どももいます。
現在37歳です。
やっと年齢相応に近くなりました!
髪は黒髪半分、白髪半分くらいです。


奥さんは白髪のことは何も言いません。
たまに私が自分で「この白髪なんとかならないかな?」と言っても、「別にこのままでいいんじゃない!」と言われます。
感謝ですね!


余談ですが、「若白髪がある人は金持ちになる」っていう話聞いたことありませんか?
残念ですが、完全な迷信です。
私自身が証明しています。


またまた余談ですが、若白髪のある人は髪質が硬めの方が多いように思います。
実際私は硬めです。


白髪がある人(特にまだ若い人)は本当に悩んでいると思います。
白髪は自分で染めればそんなにお金がかからないですし、それで精神的に落ち着ければ結構なことだと思います。
でも一度白髪染めを止めてみませんか?
女性の方は中々決心できないと思いますが、
男性の方でしたら、白髪染めなんか止めて
本当の自分をさらけ出すと心がスッキリします。
何てったって、毎月のあの面倒くさい白髪染めから開放されますよ。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。