白髪染め白髪や若白髪は白髪染めが悩みのたね?

白髪染め:ヴィヴァローチェ

今までの白髪染めにはない、「光」と「銀イオン」を利用して染まる新発想の白髪染めです。
ですので今までの白髪染めと違い、髪自体や地肌を傷めることが少ないみたいです。
実際使ってみようと思い、手にして見ました。


まず匂いですが、白髪染め特有のあの「ツン」とした匂いがほとんどしません。
また、普通の白髪染めに使われているアルカリ剤や酸化剤を使用していないそうなので、かぶれる心配もなく、肌の弱い方でも安心してお使いいただけると思います。


私はまだ使用していないので、本当にキチンと染まるかは分かりませんが、試してみようと思います。
染めたときはまた報告します。


タグ:白髪染め

白髪染めの方法

白髪染めには乳液タイプとクリームタイプがあります。
個人的な意見ですが、乳液タイプは液だれしてしまい、ムラになってしまいますので、クリームタイプをオススメします。
また、早染めタイプのものもありますが、染まり具合が芳しくないような気がします。
ですので、白髪染めはクリームタイプで普通の(早染めたいぷではない)ものをオススメします。


あと、白髪染めをするときは、事前に説明書を読んでおきましょう。
特に染まるまでの時間を間違えると、後悔することもあります。
私も余りにも長く染めてしまい、真っ黒にしてしまったこともあります。
後悔先に立たずですので、私のような間違いを起こさないようにしてください。

タグ:白髪染め

白髪染めのリタッチについて

白髪染めを美容院でやると案外費用がかかります。
そこで、一度美容院で白髪染めをしてもらって、白髪染めが取れてきたところだけに自分で市販の白髪染めをするというのがリタッチです。


ただし、美容院の白髪染めと市販のものでは色合いなどが違うと思います。
カラーを選ぶ基準として、ワントーン暗めのカラーを選ぶと良いと思います。
なぜかというとシャンプーの度に色落ちするからです。


なかなか一人では難しいと思いますので、家族の誰かに頼むのが無難です。
一人暮らしの方は、三面鏡があると便利ですよ。

髪に負担が少ない染め方

白髪染めで頭皮を痛めないのはヘナ配合の白髪染めです。
しかし、色や価格などの理由で買わない(買えない)方もいらっしゃるでしょう。
そういう方は、市販のヘアマニキュアを使ってみましょう。
ヘアマニキュア白髪染めで髪を明るくしない(脱色をしない)方にオススメです。
髪を脱色しない分、髪へのダメージが少ないのが特徴です。


選ぶ基準としては、化粧品登録されていて、2つの薬を混ぜないタイプのものが良いでしょう。
痛みやすいものとしては、2つの薬を混ぜるタイプのもので、なおかつ医薬部外品のものです。
カラートリートメントなどを購入する際も、医薬部外品かどうか
チェックする必要があるといえます。

白髪染め以外の方法

白髪染め以外の方法としては専用のシャンプーがあります。
白髪染めのように面倒なことはありません。
普通にシャンプーするだけです。
手間は一切かかりません。
ただ、即効性はありません。
自然にゆっくりと染まっていきます。


白髪を毎回染めると、確かに髪や頭皮にダメージがあると思いますので、白髪染めに抵抗がある方にはオススメの方法です。
白髪染めは染まるまでは早い(15分位)ですが、何よりも面倒です。
専用のシャンプーは染まるまでは長期間(1ヶ月位?)かかりますが、
特に普段の生活に支障はありません。
シャンプーするだけですから。
面倒くさがりの方、一回やってみてはいかがでしょうか。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。